So-net無料ブログ作成

怒りの臓器とか沈黙の臓器と言われる肝臓

皆さんは、肝臓が最近、胃怒りの臓器”といわれているようになったってご存知でしたか?

なぜ肝臓が胃怒りの臓器”と言われるようになったかと申しますと、それは肝臓が悪くなるしまうとイライラしたり、怒りっぽくなるからなんですね。

実は肝臓というんのは、怒りと関係していて、機能低下が起こると怒りのコントロール(特に精神を制御するのが難しいと言えるでしょう)が利かなくなるのです。

怒りという感情が湧いてくるということは、ストレス(原因となるものをストレッサーと言いますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになりかねません)を感じているという事になりますので、さらに肝臓への負担が増えることになります。

その結果として、どんどん肝臓が悪くなり、さらに怒りっぽくなるのであります。近頃、怒りのような、イライラしやすいと感じた場合は肝臓に問題が発生するいしている可能性がありますね。

ストレスを溜め込んでいたり、睡眠時間(短時間でも横になって寝る方が疲れがとれるでしょう)が足りなかったり、食生活(体型や肌つや、精神にまで影響してくるものです)が乱れていたり、お酒を飲み過ぎている人は注意が必要でしょう。

その生活(ささいなことの積み重ねですが、あまり疎かにしてはいけませんね)を送っていると今は問題がなくてもやがて肝臓に支障が現れる可能性があります。

また、怒るとさらに肝臓機能が低下しますので、ちょっとした事で起こらないように心に余裕を持つ努力をしましょう。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。